アフターピルでの避妊|バイアグラなどの人に相談しにくい医薬品を購入するためには

バイアグラなどの人に相談しにくい医薬品を購入するためには

アフターピルでの避妊

黄色のカプセルと化学式

コンドームを着用して避妊をしながらの性行為を楽しむ男女が増えていますが、みなさんが安心して使用しているコンドームも、避妊率は100%ではありません。
使用途中に破れてしまう、ペニスから外れてしまう、着用方法を誤っていたなど、さまざまな原因から避妊に失敗してしまう可能性もあるのです。
では、もしコンドームでの避妊に失敗してしまった場合、妊娠していないようにと祈ることしかできないのでしょうか。

アフターピルという緊急避妊薬を服用すれば、性行為後からでも高い避妊効果を発揮させることができます。
女性なら多くの方がご存知かと思いますし、もし知らなかったという場合はこれを機にぜひ覚えておきましょう。
アフターピルは、目的としていない妊娠から女性を守ってくれる最終手段なのです。

アフターピルには多量のホルモンが含まれており、性行為後に服用することで体内のホルモンバランスを生理時の状態に変化させてくれます。
これによって着床や受精、排卵を防ぐことができるため、高い確率で避妊を成功させることができます。
アフターピルを服用してから3週間以内に生理現象が起きれば、無事避妊に成功したと考えていいでしょう。
男性にも責任がかかるとはいえ、意図しない妊娠をしてしまった場合に大きな負担を感じるのは女性側です。
そのため、自分自身で体を守るための最終手段として、アフターピルの存在は必ず知っておきましょう。

アフターピルは性行為後72時間以内の服用であれば効果を発揮してくれます。
しかし、服用するタイミングが早ければ早いほど高い避妊効果を発揮してくれるため、理想は24時間以内に服用することです。
ただ、産婦人科からアフターピルを処方してもらう場合、避妊に失敗している可能性がある場合にしか処方してもらえず、前もって処方してもらっておくことができません。
ですが、個人輸入代行であればそういったルールもなく、みなさんの好きなタイミングで好きな医薬品を注文しておけます。
万が一の事態に備え、あらかじめネット上でアフターピルを注文し、いつでも服用できる状態にしておきましょう。

アフターピルでの避妊

黄色のカプセルと化学式

もし避妊に失敗してしまった場合でも、アフターピルを服用することでカバーできます。個人輸入代行を使っての購入であれば、いつでもみなさんの好きなタイミングで注文できるため、事前にアフターピルを準備しておけますよ。

コンテンツ一覧

お薬袋と処方薬

「バイアグラなどの人に相談しにくい医薬品を購入するためには」のコンテンツ一覧です。

↑ PAGE TOP